妊娠を望んでいならコンドームより低用量ピル

コンドームをして性行為をしてるのに…避妊に失敗してしまった事ってありませんか?装着するタイミングが悪かったのか…破れていたりしたのか…。もちろんどんな方法でも100%完璧に避妊はできません。でも確率を上げるのであれば低用量ピルを利用してみては?

*

低用量ピルのどんな成分が避妊を成功させるのか?

低用量ピルに含まれる主な成分は、女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)がです。

低用量ピルには高い避妊効果があり、コンドームなどの男性に頼った避妊ではなく、女性自身だけで行える避妊方法です。では、これらの成分がどのように作用して避妊を成功させてくれるのか、そのメカニズムはどうなっているのかが知りたいところです。

エストロゲンとプロゲステロンの働き

まず、エストロゲンは女性の性周期において卵巣で卵子を受精できるように成熟させる卵子を育てるホルモンと考えることができます。

女性の性周期で言えば卵胞期、あるいは低温期とも呼ばれる時期に分泌されます。そして、卵子が成熟して排卵が起きると黄体が形成されるこの黄体から分泌されるホルモンがプロゲステロンです。

プロゲステロンは子宮内膜を増殖させて、受精した卵子が細胞分裂しながら子宮に到達して着床し、胎盤を作り胎児が育ちやすい環境を整え、妊娠を維持させる働きを持っています。

妊娠が成立しなければ黄体からのホルモン分泌が急激に減少し、子宮内膜が脱落します。それがいわゆる生理と呼ばれているものです。

排卵を止める働き

一方で妊娠が成立し着床後に胎盤が形成されていくと、この2種類のホルモンは分泌され続けてそのために妊娠が維持されます。

妊娠中はこれらのホルモンが分泌され続けることでたとえ精子が子宮内に侵入してきても、卵巣での卵子の成熟を抑えると同時に排卵しないようになっており、別の受精卵が子宮内にきて着床したりしないようになっています。

低用量ピルはこのメカニズムを利用して、エストロゲンとプロゲステロンを長期にわたり分泌されているような状態にすることで、体が実際には妊娠していないのに、まるで妊娠したような錯覚を起こさせてしまうようにすることで、排卵を抑制します。排卵がなければ、いくら精子がたくさん侵入してきても妊娠することは絶対にありえません。

妊娠をすると着床しないようにしている

さらに低用量ピルの作用として子宮内膜の増殖を抑制し、受精卵が着床しにくい環境を作り出す効果も持っています。

またこのような作用に加えて、精子が子宮内に侵入してくるには子宮の入り口の子宮頚管から分泌される粘液の性状も影響しています。妊娠可能な排卵期ごろの粘液はさらさらして精子が通りやすいですが、それ以外の時には粘りが強く精子が通りにくくなっています。

低用量ピルはこの粘液を精子が侵入しにくい状況とするため、より妊娠しにくい状態にしてくれます。簡潔に言えばピルは体に妊娠したような錯覚を起こさせて妊娠させない体にするお薬と言えます。

公開日: